レトルト食品の紹介です!

レトルト食品があります。これも保存食品の中のひとつに数えられます。(笑顔)既に市民権を得ています。<レトルト食品の定義について>これは、容器や袋により密封した食材を加圧、加熱処理により殺菌した食品と言うことになります。レトルトの言葉は、元々は「蒸留器具」を意味していました。『レトルトパウチ』は、レトルト食品をパッケージングしている容器や袋を指しています。その為、これらの容器を使用しているのがレトルト食品の定義になります。そう言っても良いですよね。※尚、この容器は、一定以上の遮光性を持っていることが条件です。※その基準をクリアしていない物は、レトルト食品という表記が出来ない事となっています。

<レトルト食品の主な容器の形状について>これは、ノーマルな「平袋」をはじめ、立った状態で陳列できる「スタンディングパウチ」、プラスチック容器にフィルムで蓋をして、密閉した「成形容器」があります。(笑顔)また、遮光性を有した容器の素材については、ポリプロピレンを食材側に、ポリエステル、アルミ箔を表側にするのが一般的となっています。<レトルト食品の主な例>「カレーソース」「パスタソース」「お粥」「ごはん」「スープ」特にこの中でも、保存食品として重宝されるのが、「お粥」だと思います。また、歯が殆どないお年寄りであっても食べられます。その上に、一定のカロリーを補給出来ます。(笑顔)