豆乳でやせるってほんと?

豆乳を活用したダイエットをする人が増えています。
大豆をしばらく水につけ、こすことによって豆乳ができます。
豆乳の原料である大豆に多く含まれているレシチンという成分には脂肪分を包み込む働きがあります。
豆乳がダイエットにいいのは、レシチンの脂肪燃焼を助ける効果もあるといいます。
また、女性ホルモンとよく似た作用を体に及ぼす、大豆イソフラボンという成分があります。
大豆イソフラボンはダイエットにいいというだけでなく、年齢によるお肌のシワやたるみの改善や、更年期障害の症状の緩和などにも効果があるとされています。
コレステロール値を適正な状態にしたい場合は、豆乳に含まれる大豆ペプチドが期待できます。
ダイエットというと、食事量を大幅に減らしたり、苦しい運動を毎日実践する人もいますが、豆乳ダイエットはそういった心配はありません。
ダイエット時のホルモンバランスの調節をしたり健康維持をしながらもダイエットをすることが出来る理想的なダイエット食品です。
この頃は、豆乳クッキーや豆乳ビスケットなど、ダイエットのために作られた豆乳製品が雑誌などで取り上げられ、注文がドッと増えたという話題もあるようです。
お菓子で置き換えダイエット!クッキー・ゼリー活用法【成功の秘訣は?】