お肌が荒れているときのお手入れのやり方って?

お肌が荒れているときのお手入れのやり方のポイントは、洗顔することと保湿することの二つです。
洗顔に際しての注意点ですが、とにかく肌をこすらないことに気をつけるようにして洗顔するようにしてください。
顔をきちんと濡らしてから、しっかりと泡立てた洗顔料をのせて、泡を使って洗うようにします。
洗顔料が残留しないように、きちんとすすぐことも大切です。
肌荒れが気になってしまう時には、セラミドを使ってカバーしてください。
セラミドというものは角質層の細胞間で水や油を含む「細胞間脂質」です。
角質層とは沢山の角質細胞が重なっていて、このセラミドが細胞同士の間にあることで糊のようにつないでいます。
肌の健康を保つ防御のような働きもあるため、減少すると肌荒れがひどくなるのです、私は花粉症を患っているのですが、花粉が多い季節がやってくると、敏感肌になって肌荒れが起こってきます。
ですので、その季節にメイクを濃くすると一層悪化してしまうので、ナチュラルメイクを行っています。
体の内側からのケアとして酵素や青汁やサプリを摂っても良いかもしれません。
アイメイクくらいはしたいなと思うのですが、肌がかなり敏感になっているため、目の周りがさらに痒くなり、やらないようにしているのです。